留学準備・手続き

【台湾留学】4G無制限simカードを契約するなら遠傳電信がオススメな理由と桃園空港で契約する方法

こんにちは!zumi(zumi_tw)です^^

今回は私が実際に台湾で契約しているsimカードについてお話ししたいと思います。

先に言っておくとタイトルにもある通り、私が契約しているsimカードは遠傳電信の4G・無制限で、決して安くはありません。日本で契約していた毎月の額とそこまで変わらないくらいです(日本では制限があったので実際にはだいぶお得ですが)。

ですので、留学中は携帯をそこまで使うつもりがなく、通信速度も気にならない、できるだけ安く済ませたいという方にはお勧めしません。

そう言った方は、中華電信學生暢遊包學生打卡省錢包台湾大哥大で数日分を空港で契約し、使う分だけチャージしていくなどの方法をお勧めします。周りはその方法で契約している人ばかりです…

ただ、台湾の人曰く、中華電信は地下では電波が入らないみたいです。

私も最初はできるだけ安く済ませるためにそう言った方法で色々と調べていたのですが、3Gは絶対にイライラするし、チャージをいちいちするのも面倒くさく、チャージしていくと結果的に無制限とそこまで変わらない値段になり、無制限にしておけばよかった。

なんてことに私はなりかねないくらい携帯が手放せない現代っ子なので…

滞在先や、学校にWi-Fiはありますが、携帯がどうしても必要なのは基本的にはWi-Fiがどこにも飛んでいないようなところですし…

どうにか4Gで無制限使えるできるだけ安いところはないかを調べたのですが、結局確実な情報はないままとりあえず空港で色々と見てみて遠傳電信で契約することに決めたので、その理由を説明して行きたいと思います。

4G・無制限のプランがある会社

まず、これを見つけるのがとても大変でした。そんな会社はないのか?いや、絶対にあるはずだ!と…検索に検索を重ねると、実際に契約はしていない?けど、語学・交換留学生向け台湾のプリペイドSIMカードはこれだよ。と親切に紹介してくださっているサイトを見つけました。

そのサイトによると、4G・無制限のプランは台湾大哥大と遠傳電信にのみあるみたいです。

ですが、いくら探してもそのサイトの情報しかなかったので他にもあるかもしれませんが日本語検索ではこれが限界で、そしてそのサイト以外に4G・無制限の情報が一つもないので少し不安でした…

ですが実際に、契約できているのでその契約方法を紹介したいと思います。

ちなみに、どうして台湾大哥大ではなく遠傳電信にしたのかは、ただ値段が遠傳電信の方が安かった。それだけです。

台湾大哥大は周りに契約している人もいないのでわかりませんが、遠傳電信は今の所ストレスなく使えています。

今までで使えなかったのは台北国際学舎の近くにあるスーパーの店内くらいです…

私が調べていた2018年の4月ごろは確かになかったのですが、2018年8月に確認したところ、中華電信でも4G無制限もsimカードが発売されていました。

値段も30日1000元なので遠傳電信の値段が変わっていなければ、ほぼ値段に変わりはなさそうです。

1ヶ月以上の長期契約の場合は遠傳電信がお得みたいですが、中華電信は事前に日本で予約できるのでカウンターでの手続きが簡単そうですね^^

 

ちなみに、未成年者の方から未成年でもsimカードの契約はできるのかとお問い合わせがあったので調べて見たのですが、今のところ未成年者一人での契約はどこの携帯会社も不可能みたいです。

20歳以上の台湾人(中華電信は法定代理人(父母または監護人)の付き添い)が必要になるみたいです。

最近は日本の高校から台湾の大学に進学する方も多いので、何か他に一人でも契約できる方法があればいいのですが…

遠傳電信で4G・無制限のsimカードを契約する方法

桃園国際空港の第2ターミナルにて契約しました。到着ロビーを出て左に進み突き当たりを左に曲がるとありました。

そのほかの場所はこちらからご確認ください。

カウンターのお姉さんは中国語または英語での対応になります。

4G無制限のプランにしたい場合、この画像を見せるとわかってもらえるかと思います。

私は9ヶ月台湾にいる予定なので、3ヶ月と6ヶ月のプランをまとめて契約しました。

9ヶ月で8000台湾ドル、1ヶ月大体889台湾ドルで、日本円にして約3255円ほどです。これを高いか安いか考えるのは人それぞれですが、私は利用制限あり(使いすぎると遅くなる)プランで月に4、5000円ほどの契約を日本でしていたのでこれだったら無制限だし、お得かなぁと思いました。

契約したい期間を伝え、料金を支払いパスポートを見せ、携帯を差し出すと、simカードを入れ替えてくれます。この時にiPhoneの場合アップルidやパスワードを覚えておく必要があります。アンドロイドの場合も同等のものが必要かと思います。

この時に学生証や入学許可証が必要だという情報をいくつか見たのですが、私の時はパスポートを見せるだけで何も言われませんでした。ですが念のため、すぐに出せるようにしておいたほうがいいかと思います。

入れ替えると、同時にこの元々入っていたsimカードと、カードを入れ替える際に必要なピンがもらえます。

裏面には電話番号が記載されています。

これで契約は終了です。携帯を受け取った後、特にこちらで設定することもなくそのまま使用可能です。