台湾旅行

台湾・高雄の定番スポット龍虎塔の行き方とインスタ映えな夜のライトアップを撮影する時の注意点

こんにちは、台湾留学中の女子大生zumi(zumi_tw)です^^

先日2泊3日で台北から新幹線を使って約1時間半で行くことのできる高雄へ行ってきました!

高尾といえば!な定番のスポット「龍虎塔」へと行ってきたのでその行き方と、夜のライトアップを撮影するにあたっての注意を書いて行きたいと思います。

龍虎塔とは?

 

龍虎塔は色鮮やかで現代的な 2 つの 仏塔から成る寺院で、蓮池潭の上にそびえ立っています。龍と虎をかたどったトンネルが塔の前にあり、まずはそこをくぐり抜けます。胴体にあたる部分の内壁には、中国の風習や歴史を物語る壁画が描かれています。

ジグザグの歩道をたどって、この龍と虎のトンネルに向かいましょう。龍の口から入り、虎の口から出ますが、これは悪運を幸運に変えることを象徴しています。

引用:Expedia

龍の口から入り、虎の口から出ますが、これは悪運を幸運に変えることを象徴しています。

ということで、高雄のパワースポットになっています。

龍虎塔への行き方

まずは龍虎塔のある蓮池潭の場所はというと…

高雄の新幹線の駅(新左營站)の近くにあります。

ですが近くと言ってもそこから歩いて行くと湖を半周して龍虎塔まで行くことになるので三十分ほどかかります。(実体験)

初めての高雄だったので周りを散策しながら歩くのは楽しかったですが、結構な時間ロスです(´・ω・`)

ですので、皆さんには新左營站からタクシーまたはUberを使うことをお勧めします。

新左營站のお隣、生態園区站からでもいいですが、龍虎塔までの距離はほぼ変わらないので高雄についてすぐ新幹線の駅から向かうのであればそこからタクシーを使うのが一番早いです。

バスで行くことも可能ですが、台湾でバスに乗り慣れてないと戸惑うことも多いですし、本数も30分に1本ほどとかなり少なめです。

台湾のバスの乗り方
  1. 目的の番号のバスが来たら手をあげる
  2. 乗車時に掲示板の上下收費という文字の上が光っていれば乗車時に交通カード(悠遊カードなど)をかざす。下が光っていれば降車時に交通カードをかざす。台北は基本的にどちらかですが、高雄は乗降車時両方でかざす場合がほとんどでした。
Google マップ - 乗換案内 & グルメ
Google マップ – 乗換案内 & グルメ
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

時刻表はグーグルマップで十分です。
台中よりは高雄のバスは結構正確でした。

実際、龍虎塔にいると、タクシーで乗り付けている方が多かったです。

歩くのも30分ほどなので湖を見ながらだとそこまで苦でも無いので挑戦して見てください( ˘ω˘ )

龍虎塔を写真で見る

龍虎塔の様子を写真にたくさん納めて来たのでお見せしちゃいます^^

まだ実際に見るまで見たく無い方は飛ばしたほうがいいかもしれません。

龍虎塔ギャラリー(お昼)

正面から見た龍虎塔

龍虎塔のジグザクな道の入り口

龍虎の口の中

龍の口から入って虎の口からでると罪が浄化されて、福がくるそうです!

間違えて虎から入らないよう、気をつけましょう〜(笑)

 

龍の塔の上へ登る階段

龍の塔の装飾

龍の塔の上からの景色

お尻の方から見た龍虎塔

斜め横から見た龍虎塔

くまモンに似ていると話題の?クマ

龍虎等ギャラリー(夜のライトアップ)

正面から見た夜の龍虎塔

斜めから見た夜の龍虎塔

近づいて見た

龍虎塔の夜のライトアップを見る時の注意点

龍虎塔周辺は街灯が少なく、人通りもあまり無い道が多くありました。

お昼間は歩いて行くのもおすすめなんですが、夜のライトアップを見に行く際、

特に女性はタクシーの利用をお勧めします。

私はバスを利用したんですが、バスがなかなか来ず、結構不安だったのでタクシーまたはUberの利用がお勧めです。

 

※ちなみに〜17:30までが龍虎塔に登れる時間なのでライトアップ中に登ることはできません。