学校生活

台湾師範大学のインテンシブ(密集班)とレギュラー(普通班)どちらがおすすめ?

こんにちは、現在師範大学の語学学校へ通学中のzumi(zumi_tw)です!

 

今回は台湾師範大学(以下師範大)に今後通おうとお考えの方で、インテンシブとレギュラーで迷われている方に対し、一つの案としてわたしのおすすめの師範大への通学方法を書いていきたいと思います。

皆さんが自分にあった留学方法で学校生活を送るヒントに少しでもなればなと思います。

台湾師範大学のインテンシブクラスとレギュラークラス

インテンシブとレギュラーの違い

まずレギュラークラスとインテンシブクラスの違いなんですが、

授業時間授業料
インテンシブ3時間36000元
レギュラー2時間26400元

 

また、2018年秋学期からどちらのクラスも少人数と大人数のふたクラス作られますがそのことに関しては師範大学の公式HPからご覧ください。今回は、どちらも少人数制の授業料で比べています。

そのほかにレギュラークラスは2時間の授業しかないのでビザの関係上、学生ビザ(停留ビザ)の方は別で大班課というものを受けなければなりません。

インテンシブとレギュラーでは授業時間が1時間、授業料が9600元違います。Siri曰く、約34907円違います。

マンツーマン授業っていくらかかるの?

そこでふと、あれ?台湾でマンツーマンで授業受けるのっていくらかかるんだっけ?と調べてみました。
台湾・台北で1対1(マンツーマン)の個人授業を受けることができる学校まとめで書いている私が一番気になってるTLIの1時間授業料550元で計算してみると、

550元×20日=11000元

インテンシブとレギュラーの差額が9600元。

なんと!1400元(約5091円)の違いで10人弱のクラスでの授業と同じ時間マンツーマンで授業が受けることができるんです!

そこに気づいて台湾師範大学にて中国語を勉強して4ヶ月経過したので上達度を報告しますでも書いてるように私はレギュラークラスと個人で受けられるマンツーマンのクラスに通うことに決めました。

まとめ

今回はこんな選択肢もあるよ〜という思いを込めてみなさんにお知らせする感じで書いてみました。

なんだかレギュラーとインテンシブの比較というよりインテンシブと個人授業の比較みたいになってしまいましたが…

自分には大人数での授業があっているという人は師範大でインテンシブクラスに通ってもいいし、そんなに集中力持たない!もっと自分のペースでゆっくり勉強したい!という人はレギュラークラスでもいいかと思います。

 

みなさんの留学ライフのヒントに少しでもなれたのなら幸いです^^